b型肝炎の感染力と逆性石鹸による消毒の有効性について

b型肝炎はウイルス性による肝炎の一種です。発症すると肝臓の機能が損なわれ、症状が重篤化すると死亡する危険もあります。また、b型肝炎はウイルスが体内に入り込むことで感染する病気なので、保菌者との接触には注意が必要です。

医療機器などを介して感染するケースもあることから、正しい方法による消毒が重要になります。b型肝炎の特徴と正しい消毒方法について学びましょう。

b型肝炎に感染する理由と体への影響

b型肝炎はウイルス性の病気なので感染の危険がありますが、他の伝染病と比べると感染力は弱い部類に入ります。空気感染はしないので、保菌者と同じ部屋で過ごしたり料理を取り分けるなどの行為ではb型肝炎に感染する危険はありません。

また、唇を重ねる程度のキスや浴槽の共用なども普通に行うことが出来るので、親族に保菌者がいた場合でも同居は可能です。その一方でb型肝炎のウイルスは傷口や粘膜から体内に侵入する性質があることから、保菌者の血液を傷がある指先で触れたり、ゴム製の避妊具を使わずにセックスを行うと感染のリスクが大幅に増大します。

保菌者との接触以外ではウイルスに汚染された物品の使用が感染の主な理由です。病院では注射針やメスの使い回しなどの理由で感染する他、鍼灸用の針やカミソリを介してうつったケースもあります。b型肝炎に感染すると肝臓の機能が損なわれますが、即座に重篤化するわけではありません。

感染した直後は殆ど自覚症状が無く、わずかに食欲不振などの不具合が出るだけなので気づかないうちに症状が進んでしまうおそれがあります。肝臓の機能障害特有の症状である黄疸が出る頃には症状が重篤化しているのが普通です。

そのため、b型肝炎は早期の治療が難しく、症状が重くなりやすい難病と見做されています。《参考サイト|b型肝炎訴訟

物品を介した感染を防ぐ方法

b型肝炎は体に直接触れる物品を介して感染することもあります。

特に体内に刺し込む注射針などの医療機器はb型肝炎の感染リスクが高く、現在では使い捨てが主流です。その一方で家庭で使うカミソリや歯ブラシも感染原因の一つなので、正しい方法による消毒の実施が不可欠です。

b型肝炎のウイルスは薬剤への耐性が強いので、一般的に使われている消毒薬では良い効果が得にくいのが問題です。そのため、b型肝炎のウイルスを対象にした消毒は一定時間以上煮沸させる方法が主流です。

また、熱湯が使えない物品には逆性石鹸の水溶液に漬ける方法で消毒を行うのが最適とされています。

鍼灸用の針や理容院で使うカミソリなど、使い回しが普通に行われるうえに使用頻度が高い物品は逆性石鹸による消毒が効率的です。物品を介したb型肝炎の感染の危険性は触れる人の健康状態も大きく影響します。疲労や病気などの理由で体力が低下している時はわずかな量のウイルスでも肝臓が浸食され、感染に至る危険が高くなります。

幼児や高齢者など、一般的な成人と比べて体力や免疫力が低い人も感染リスクが高い傾向があります。特に同居している近親者に保菌者がいる場合、共用している物品の衛生管理を徹底するのが感染を未然に防ぐための心得です。

逆性石鹸がb型肝炎ウイルスの除菌に効果的な理由

逆性石鹸の原料の一部は医療用の消毒剤と同じ物が使われています。

そのため、消毒薬の代用品として使われることが多いのが特徴です。また、逆性石鹸に含まれている殺菌成分はb型肝炎ウイルスにも高い効果を発揮することから、コストを抑えながら危険な病気の感染を防ぐことが出来ます。

その一方で逆性石鹸は一般的な石鹸と混在させると特有の殺菌作用が喪失してしまうので、消毒薬として使う際は決して他の石鹸や薬剤と混ぜてはいけません。その反面、アルコールの一種であるエタノールと混ぜると扱いやすく殺菌作用が高い消毒薬として使えるので、b型肝炎ウイルスを対象にした消毒に最適です。

b型肝炎のウイルスは人体から離れても条件が整えばしばらくは感染力を保持しているので、保菌者の体液や排せつ物の処理作業を素手で行うのは危険です。安全に処理作業を行うためには適切な消毒が不可欠ですが、その際に使う薬剤は安価で購入出来るうえに扱いやすい逆性石鹸の溶液が向いています。

ウイルスは広範囲に飛散するので、逆性石鹸の溶液を噴霧することで対象範囲を漏らさず消毒することが可能です。

→旦那がb型肝炎キャリアの場合、妊娠・出産はできる?

家庭で消毒作業を行う際の注意点

保菌者と同居している場合は家族内での感染を防ぐため、こまめな消毒作業が不可欠です。家庭での消毒作業は衣類やじゅうたんなどの変質を防ぐことを考慮する必要があるので、他の薬剤よりも刺激が少ない逆性石鹸の溶液が向いています。

一般的な消毒薬は用量を誤ると重大な健康被害を引き起こす危険がありますが、逆性石鹸は毒性が殆ど無いので安全を保ちながら使えるのが利便性の高さに繋がっています。その反面、逆性石鹸の含有成分は一部の革製品や染料を変質させることがあるので過度の使用は避けるのが無難です。

また、溶液を使用した場所にぬめりが残るのも逆性石鹸の特徴の一つなので、床やドアノブなどを消毒する際は十分に注意します。消毒作業は効果の有無を見た目で判断することが困難なことから、家庭での作業については不安が残ることがあります。

特に保菌者と同居している世帯では家族内での感染を避ける必要があることから、消毒回数が多くなりがちです。その一方で、過度な消毒は保菌者に対して精神的な抑圧に繋がる可能性があります。消毒に関する正しい知識を持ち、適切な方法と回数を守るのが保菌者との暮らしを快適に営むための心得になります。

b型肝炎を他者にうつさないための工夫

b型肝炎は他の病気より確率は低いものの、他者にうつってしまう危険を持つ感染症です。日常生活の中で普通に接する範囲内では感染する可能性は殆どありませんが、傷がある部位や粘膜に保菌者の体液が触れると感染の可能性は大幅に増大します。

家庭内ではカミソリや歯ブラシなど、素肌に傷を付けたり粘膜に直接触れる物品を使い回すことで感染のリスクが大きくなるので注意が必要です。また、体調の良し悪しが感染リスクを左右することから、病気などの理由で体力が落ちている人には出来るだけ接触しないのが保菌者に求められる姿勢になります。

逆性石鹸を使った消毒はあくまで感染を防ぐための予防策の一つなので、すでに感染した人に対する治療効果は無いことを理解することが大切です。